自然乳化洗浄技術

自然乳化による精密加工部品の洗浄

1. 精密機器洗浄のトレンド

部品の小型化・高精度化に伴い、精密部品の要求洗浄品質が高まっています。さらに、企業としての環境問題への取り組みも求められる為、環境負荷の低い洗浄システム構築が急務となっております。例えば、自動車産業ではITSの発達による部品の高精度化、部品の信頼性向上によるリコール発生防止に向け、洗浄性に優れ、且つ環境負荷の低い洗浄システムの構築を進めております。

自動車部品イメージ写真

2. 自然乳化作用による洗浄技術

ライオンでは、環境負荷が低く、且つ優れた洗浄性を示す洗浄技術開発を進め、自然乳化作用を応用した洗浄技術を開発致しました。

鉄板に付着した加工油のローリングアップによる除去過程

鉄板に付着した加工油の自然乳化作用による除去過程

通常の水系洗浄剤に油汚れの付着した金属板を浸漬しても、一部の油がローリングアップで剥がれるだけで、油を完全に除去することは出来ません。一方、自然乳化作用を示す洗浄剤に浸漬すると、ほとんどの油が微細に乳化し、容易に除去可能となります。

3. ライオン精密部品洗浄剤のラインアップと用途

ライオンの代表的な精密部品洗浄剤一覧
FM-20 FM-50 FM-1550 FM-100
特徴 中性精密洗浄剤 弱アルカリ性汎用
スプレー洗浄剤
弱アルカリ性汎用
鉄部品洗浄剤
アルカリ精密洗浄剤
外観 無色透明液体 無色透明液体 淡黄色透明液体 無色~淡黄色液体
pH 7.0(原液) 12.5(原液) 10.5(原液) 13.2(原液)
粘度(mPa・s/25℃) 30(原液) 50(原液) 7(原液) 12(原液)
推奨希釈濃度(%) 5~20 1~5 3~5 5~10
推奨洗浄方法 超音波浸漬 超音波、スプレー 超音波、スプレー 超音波