光触媒複合化技術

触媒複合型消臭抗菌剤とは

従来の消臭抗菌剤の多孔質部分に光触媒を複合させた新しいタイプの消臭抗菌剤です。多孔質体に光触媒を加工してあるため、光触媒が直接素材に触れることがなく、布や紙など有機素材を傷めません。

当社の光触媒複合型消臭抗菌剤

  • ライオナイトPCシリーズ

「ライオナイトPC」の特長

(1)ライオナイトPCは、従来の消臭抗菌剤(当社品)に比べて、消臭効果が持続します。これは光照射下において、多孔質体に吸着した悪臭成分を光触媒が分解するため、消臭機能が再生し持続するためです。

再生作用実証試験~ホルムアルデヒドによる濃度減少測定

暗所と紫外線照射下でのホルムアルデヒドの消臭効果を解析すると、従来品は消臭力が飽和してしまうとそれ以上の消臭効果を発揮しないのに対し、PCは紫外線照射下でホルムアルデヒドを分解し消臭機能を再生させます。
(アセトアルデヒド分解時にCO2が発生します。)

(2)ライオナイトPCは、光照射下において従来品と比べ高い抗菌力を発揮します。

「ライオナイトPC」の使用例

消臭のために

(1)お部屋の消臭に

「ライオナイトPC」をレースやカーテンに加工することで、部屋の中の様々な生活臭を消臭すると共に、日中の光を当てることにより、その消臭効果は再生され、より長くクリーンな生活空間を保ちます。

(2)汗の臭いをカット

「ライオナイトPC」をスポーツウェアなどに加工すれば、スポーツ後の気になる汗の臭いを消臭するのはもちろん、洗濯した後に日光の下で干すことによりさらに効果が増します。

抗菌のために

タオル・シーツの抗菌に

汗を拭いたタオルやテーブルを拭いたふきんは、そのまま放置しておくと嫌なニオイがします。この原因は『細菌』の繁殖です。ライオナイトPCを加工すると、細菌の繁殖を抑え、ニオイの発生を防ぎます。

「ライオナイトPC」の物性

「ライオナイトPC」の安全性

結果 評価方法
皮膚刺激性 陰性 ヒト光パッチテスト
急性毒性 経口LD50 2500mg/kg以上 ラット(OECD423)
変異原生 陰性 微生物復帰突然変異試験
感作性 陰性 モルモットMaximization法
光細胞毒性 陰性 in vitro光細胞毒性試験

お取扱いには以下の点にご注意下さい

  • 酸化剤、還元剤、強酸、強アルカリと混合して使用しないで下さい。
  • 直射日光は避けて、湿度の低い場所に保管してください。
  • 開封後は速やかにご使用下さい。
  • 取扱い詳細に関しましては弊社SDSをご参照頂くようお願 い申し上げます。

荷姿

  • ライオナイトPC-541S:16kgポリ容器