高圧スプレー用金属洗浄剤 パナクリジェット#71

金属関係の製造工程の高度化スピード化にともない表面処理洗浄工程での効率化も進んでおります。
パナクリンジェット#71は、作業性を考慮し、pHを中性としたにもかかわらず、一時防錆力にも優れさらに低起泡性で、工作油、機械油、バフかす切り粉等の洗浄を目的とした高圧スプレー洗浄用に開発した優れた洗浄液です。

一般性状

外観 淡黄色液体
pH 8.5(5%水溶液)
イオン性 非イオン、アニオン
溶解性 冷水易溶

使用方法

洗浄温度 常温~100℃
洗浄方法 スプレー洗浄
濃度 スプレー法
時間 超音波・振動
スプレー圧 1~50Kg/cm2

上記使用方法は、一般的洗浄に使用される条件で、洗浄装置および汚れの程度に応じて調整して下さい。但し、防錆力は濃度が高いほど(3~5%)良好であり、消泡性は温度が30℃以上の方が低温(10~20℃)とり良好となります。

起泡性(ロス・クラーク法)

以下に示すような油、汚れ物質の洗浄に有効です。
測定温度 30℃
エアー吹込量 700cc/分

時間濃度(%) 30秒 1分 2分 3分 4分 5分
洗浄方法 1 1 1 1 1 1
濃度 1 1 1 1 1 1

(単位 mm)

防錆試験

試験条件

  • 資料濃度:パナクリンジェット#71 1%、3%、5%水溶液
  • テストピース:鋳鉄(FC-20)

試験方法

  1. 屋内暴露試験
    50℃の洗浄液中に1分間テストピースを浸漬した後、屋内で放置し、外観変化を観察する。
  2. 浸漬試験
    室温で洗浄液中にテストピースの半面を浸漬した状態で放置し、外観変化を観察する。
屋内暴露試験結果
試料濃度/試験日数 3日 5日 7日 10日
1% A A A A
3% A A A A
5% A A A A

A:サビ発生なし B:一部(1~5%)サビ発生

浸漬試験結果
試料濃度/試験日数 8時間 12時間 24時間 48時間
1% A A A A
3% A A A A
5% A A A A

A:サビ発生なし B:一部(1~5%)サビ発生

処理液管理方法

N/10過マンガン酸カリウム 10cc、1規定硫酸 90cc(全量 100cc)をフラスコに加え攪拌する。(A液)
ビューレットにパナクリンジェット#71の使用液を入れ、A液に滴下する。A液の色が消失するまで徐々に滴下し、変色点を終点とし、その時のパナクリンジェット#71の滴下cc数を読む。

濃度換算

パナクリンジェット#71の滴下cc数と使用濃度の換算表を示します。

使用濃度 滴下cc数 使用濃度 滴下cc数
1% 17.4 6% 3.1
2% 9.6 7% 2.6
3% 6.2 8% 2.3
4% 4.6 9% 2.0
5% 3.6 10% 1.8

荷姿

18Kg入 石油缶

ご注意

本製品をお取り扱いされる場合には、必ず製品安全データシート(SDS)をご参照の上、十分に注意してお取扱い・ご使用下さる様、お願い申し上げます。
また、ここに収録しました資料は、細心の注意を払って行った試験に基づくものですが、実際のご使用における条件は多岐にわたりますので、個々の最適処理は御社で十分にご検討下さい。