厚塗りを可能にした タフエース#10

特徴

  1. コンクリート構造物の欠損埋め戻し、下地調整材及び補強材に最適です。
  2. ダレが生じにくく、基材との付着も良いことから短期間での塗り重ねが可能です。従って、工期の短縮が図れます。
  3. 軽量骨材を用いた従来の厚塗り用モルタルと比較して、作業性がよく表面も美しく仕上げることが可能です。

性状(フレッシュ性状)

フロー値(mm) 空気量(%) 単位容積重量(kg/L)
165 5.6 2.10
JIS A 1171 JIS A 1171 JIS A 1171

性能(硬化体性能)

  材齢(日) 3 7 28 方法
強度 圧縮強さ(N/mm2 28 38 50 JIS A 1171
曲げ強さ(N/mm2 6 8 10 JIS A 1171
接着強さ(N/mm2 2.0(材齢14日) 建築研究所方式
耐水性 吸水率(%) 3.2 JIS A 1171
透水量(g) 1.7 JIS A 1171
耐久性 すりへり係数(mm3/cm2 444(6時間) 奥田式すりへり試験機
動弾性係数比(%) 100(300サイクル) JIS A 1148 A法
乾燥収縮(×10-4 5.0(乾燥材齢28日) JIS A 1129
7.8(乾燥材齢91日)
その他 熱膨張係数(1/℃) 9.3×10-6 20~60℃にて測定、
コンクリートは通常7~13×10-6の値を示す
静弾性係数(N/mm2 2.1×104(材齢28日) JIS A 1108
静弾性係数(kgf/cm2 (2.06×105

注意事項

取り扱い上

  • 皮膚、粘膜または衣類に触れたり、眼に入れないようにしてください。

保管上

  • 直射日光および凍結を避けて保管してください。
  • 使用後の残液は缶を密封して保管してください。
  • 当ページに記載の内容は、技術的改良などにより予告なく変更する場合があります。
  • 当ページに記載の内容は十分検討の上でのものですが、実際の生産現場でご使用いただく折は、ご需要家各位の実情に即した入念な検討吟味の上、ご使用ください。
  • これらのデータを使用して得た結果及び特許上の問題については、その責を負いかねますので、ご承知おき下さい。
  • ご使用に当たっては、SDSをご参照下さい