ナノエマルション柔軟剤 シリコーラン ANF-40(超微粒子型アミノシリコーン系柔軟剤)

シリコーラン ANF-40は、微粒子エマルション(ナノエマルション)化した柔軟剤です。微粒子化することにより、遷移の内部まで柔軟剤が浸透しやすく、超ソフトでドレープ性に優れた柔軟性を与えます。また、加工生地の白度阻害性、変色の少ない柔軟仕上げ剤です。

シリコーラン ANF-40は、特にヌメリ感を強調したアミノシリコーン系柔軟剤で、セルロースやセルロース/合繊、アクリル、ウールなど広範囲の繊維素材に優れた柔軟性を付与します。
また、高濃度型の商品であり、作業スペースの確保、廃缶費用の削減にも貢献します。

一般性状

外観 淡黄微濁液体
イオン性 弱カチオン
pH 中性(1%イオン交換水)
溶解性 冷水に易溶
粒径 約40nm

特徴

  1. シリコーラン ANF-40は、高濃度品であり、使用量は従来の1/2で優れた効果を発揮します。また、作業スペースの確保、廃缶費用の削減にも貢献致します。
  2. シリコーラン ANF-40は、綿・レーヨンなどのセルロース遷移、E/C、アクリル、ウール、及びその複合繊維に、ヌメリ感に富んだ柔軟性を付与します。
  3. シリコーラン ANF-40は、白度に及ぼす影響が少ない柔軟剤です。
  4. シリコーラン ANF-40は、処理浴安定性が良好で、広範囲のpH浴にも安定で且つ、樹脂加工剤・フィックス剤・カチオン系スリップ防止剤など、各種薬剤との併用性に優れています。但し、アニオン性薬剤との併用は、予め十分にご確認の上、ご使用ください。
  5. シリコーラン ANF-40は、マイクロエマルションであり、撹拌安定性の非常に優れたアミノシリコーン系柔軟剤です。
  6. シリコーラン ANF-40は、吸水性の阻害が少ない柔軟剤です。

性能試験例

柔軟性試験

処理条件

連続処理
試験布 綿ブロード
E/Cブロード
綿ニット蛍光染色布
ポリエステルトロピカル
柔軟剤単体 柔軟剤 1.2%soln.
樹脂併用時 柔軟剤 1.2%soln.
リケンレヂンRG-286 7%soln.
リケンフィクサーMX-13N 2%soln.
1dip, 1nip
絞り率 70%
乾燥 100℃×2分
セット 160℃×2分
浸漬処理
試験布 綿ニット蛍光染色布
柔軟処理 柔軟剤 1.2%soln.
1dip, 1nip
絞り率 70%
乾燥 100℃×2分
セット 160℃×2分

評価方法

剛軟度 JIS L 1096 6.19(ハンドルオメーター法)に準拠。
数値が小さいほど柔軟性が良好であることを示す。

試験結果

パッド処理・柔軟剤単独 剛軟度(g)
綿ブロード E/Cブロード 綿ニット ポリエステルトロピカル
1%soln. 2%soln. 1%soln. 2%soln. 1%soln. 2%soln. 1%soln. 2%soln.
水処理 144 121 214 129
シリコーランANF-40 107 192 84 79 99 100 123 129
従来品 110 100 87 78 105 104 128 129
パッド処理・樹脂併用 剛軟度(g)
綿ブロード E/Cブロード
1%soln. 2%soln. 1%soln. 2%soln.
水処理 136 201
シリコーランANF-40 125 113 124 103
従来品 120 109 119 95
浸漬処理 剛軟度(g)
綿ニット
1%soln. 2%soln.
水処理 204
シリコーランANF-40 191 120
従来品 208 118

吸水性試験

試験布 綿ニット
柔軟処理 柔軟剤 1.2%soln.
1dip, 1nip
絞り率 70%
乾燥 100℃×2分
セット 160℃×2分
水滴法 試験布に水滴1滴(約0.03ml)を静かに滴下し、布が水滴を吸収するまでの時間を計測する。

試験結果(秒)

綿ニット
1%soln.2%soln.
水処理 <1
シリコーランANF-40 7.2 9.8
従来品 2.5 4.4

白度阻害性試験

処理条件

処理布 綿ニット蛍光染色布
柔軟処理 柔軟剤 2%soln.
1dip, 1nip
絞り率 70%
乾燥 100℃×2分
セット 170℃×2分

評価方法

分光式色差計SZⅡ-Σ90にてWB値を計測。WB値は、数値が大きいほど、白いことを示す。

評価結果

乾燥上り 160℃×3分 170℃×2分 180℃×1分
水処理 93.4 91.9 91.0 90.1
シリコーランANF-40 92.8 89.8 89.1 89.4
従来品 92.4 90.2 89.8 89.4

各種薬剤との併用性

試験方法

下記併用液を調整し、各種薬剤を混合後、室温×24時間放置後の溶液の状態を目視にて観察。

柔軟剤 2%soln.
併用薬剤 2%soln.
判定基準 ○:変化なし、△:濁り等僅かな変化あり、×:分離等変化有り

試験結果

シリコーランANF-40 従来品
フィックス剤 パンフィックス 1070 2%soln.
スリップ防止剤 アルダック SP-65 2%soln.
カチオン柔軟剤 ビクロン L-81 2%soln.

処理浴機械安定性

処理条件

下記試験液400mlを室温で7,000r.p.m×10分撹拌後、ポリエステルタフタにて吸引濾過し残渣を確認。

柔軟剤単独浴 柔軟剤 1%soln.
分散染料 0.005%aoln.
樹脂併用浴 柔軟剤 1%soln.
リケンレヂンRG-286 7%soln.
リケンフィクサーMX-13N 2%soln.
判定基準 ○:濾過残渣なし、△:部分的に濾過残渣あり、×:全面的に濾過残渣あり

評価結果

pH4 無調整 pH8 pH10
単独 シリコーランANF-40
従来品
樹脂併用 シリコーランANF-40 浴分離
従来品 浴分離

堅牢度試験

処理条件

試験布 綿ニット染色布
染色条件 Remazol Golden YellowG 1.5%o.w.f.
Remazol Brill, Red BB GRAN 150 1.0%o.w.f.
Remazol Brill , Blue R-KN 1.5%o.w.f.
無水芒硝 60g/L
ソーダ灰 20g/L
浴比 1:20、染色60℃×30分
湯洗→水洗→ソーピング
Fix条件 パンフィックスHF-2 2%o.w.f. 浴比 1:20、処理 60℃×20分

試験条件

摩擦堅牢度 JIS L-0849
水堅牢度 JIS L-0846
汗堅牢度 JIS L-0848
洗濯堅牢度 JIS L-0844 A-2法
耐光堅牢度 JIS L-0843

試験結果

Non-fix布
摩擦堅牢度 水堅牢度 汗堅牢度
酸性 アルカリ性
湿 綿 ウール 綿 ウール 綿 ウール
柔軟剤なし 4 2-3 4-5 4 4-5 4-5 4-5 4-5
1%soln. シリコーランANF-40 5 2-3 4-5 5 4-5 5 4-5 5
従来品 5 2-3 4-5 5 4-5 5 4-5 5
2%soln. シリコーランANF-40 5 2-3 4-5 5 4-5 5 4-5 5
従来品 5 2-3 4-5 5 4-5 5 4-5 5
洗濯堅牢度 耐光堅牢度(20時間)
綿 ウール
柔軟剤なし 4-5 5 4-5
1%soln. シリコーランANF-40 4-5 5 4-5
従来品 4-5 5 4-5
2%soln. シリコーランANF-40 4-5 5 4-5
従来品 4-5 5 4-5
Fix布
摩擦堅牢度 水堅牢度 汗堅牢度
酸性 アルカリ性
湿 綿 ウール 綿 ウール 綿 ウール
柔軟剤なし 4 2-3 5 5 5 5 5 5
1%soln. シリコーランANF-40 5 2-3 5 5 5 5 5 5
従来品 5 2-3 5 5 5 5 5 5
2%soln. シリコーランANF-40 5 2-3 5 5 5 5 5 5
従来品 5 2-3 5 5 5 5 5 5
洗濯堅牢度 耐光堅牢度(20時間)
綿 ウール
柔軟剤なし 4-5 5 4-5
1%soln. シリコーランANF-40 4-5 5 4-5
従来品 4-5 5 4-5
2%soln. シリコーランANF-40 4-5 5 4-5
従来品 4-5 5 4-5

一般使用量

繊維素材、処理条件により、使用料の増減は必要ですが、一般的な処方は下記の通りです。

連続処理 セルロース素材 0.5%~3%soln.
ポリエステル素材 0.5%~3%soln.
浸漬法 1~5%o.w.f.

荷姿

17kg 石油缶
1,000kg コンテナ

ご注意

本製品をお取り扱いされる場合には、必ず製品安全データシート(SDS)をご参照の上、充分に注意してお取り扱い・ご使用下さる様お願い申し上げます。 また、ここに収録しました資料は、細心の注意を払って行った試験に基づくものですが、実際のご使用における条件は多岐にわたりますので、個々の最適処方は御社で充分にご検討下さい。